もうすぐ紫陽花の季節

梅雨にはまだ少し早いかもしれませんが、山麓では一足はやくコアジサイが咲き始めました。

今の時期、ヤマボウシも満開になっています。

ハナミズキに似ていますが花びらの先端が尖っています。(ハナミスキはへこんでいます。)

(青梅丘陵にて)

藤田

カテゴリー: 四季彩 | コメントする

シロヤシオ

ヤシオツツジ(八汐躑躅)と呼ばれるツツジはアカヤシオ、シロヤシオ、ムラサキヤシオツツジの3種類ありますが、奥多摩ではアカヤシオとシロヤシオが自生しています。今年は残念ながらアカヤシオを見る機会がありませんでしたが、シロヤシオは何とか見ることができました。今年は花の数が少ないようです。シロヤシオは別名ゴヨウツツジ(五葉躑躅)とも呼ばれ愛子内親王のお印にもなっています。

150510001 150510002

(御岳山奥の院にて)

藤田

カテゴリー: 四季彩 | コメントする

奥多摩のイワカガミ

イワカガミと聞くと、私の場合は高山植物のコイワカガミをすぐ連想してしまいますが、奥多摩のような低山でも何箇所か生息しているようです。岩場に咲いて葉が鏡のような光沢を持つのが名前の由来になります。

150426000

150426001

(鋸尾根にて)

奥多摩に咲くイワカガミは正確にはアカバナ(ベニバナ)ヒメイワカガミと言うのだそうですが、素人目にはなかなか区別は難しいです。

藤田

カテゴリー: 四季彩 | コメントする

野のスミレ3点

咲いている野のスミレもだいぶ種類が増えてきました。

ヒナスミレ

小さなスミレですが葉は大き目です

150419001

フイリフモトスミレ

ヒナスミレよりさらに小さなスミレです
フイリでないものもあります

150419002

エイザンスミレ

花は普通サイズですが葉が炸裂しています

150419003

(御岳山にて)

藤田

カテゴリー: 四季彩 | コメントする

ヤマルリソウ

ヤマルリソウが咲き始めました。ワスレナグサやキュウリグサと同じムラサキ科の花です。奥多摩でも何箇所か群生地があるようですが、限られた場所でしか目にすることができません。

150412001 150412002

(馬引沢にて)

藤田

カテゴリー: 四季彩 | コメントする

奥多摩のイワウチワ

岩場に咲き、葉がうちわに似ているというのが名前の由来だそうです。
奥多摩では数箇所で見られますが、いずれも人目を避けた急斜面に咲いています。

150629002 150329001

鳩ノ巣城山にて

藤田

カテゴリー: 四季彩 | コメントする

桜が満開

会社の近くにある鶴巻南公園の桜も満開です。

DSC_1349

カテゴリー: 四季彩 | コメントする

カタクリとアズマイチゲ

カタクリは昔は片栗粉の原料として使われていました。平地から標高1000mくらいまで分布しています。青梅市内の群生地ではちょうど今が満開となっていました。

15032803 15032801

アズマイチゲ カタクリと同じ場所に群生しています

15032802

藤田

カテゴリー: 四季彩 | コメントする

御岳渓谷 早春の花

このところ暖かい日が続いてだいぶ春めいてきたようです。
御岳渓谷は一見するとまだ冬枯れの様相ですが、咲いている花の種類が増えてきました。

タネツケバナ 苗代用の種籾を水につけるころに咲くのが由来だそうです

15034501

アブラチャン 早春の木の花は小さくて黄色いものが多いようです

15034502

ハナネコノメ

15034503

コチャルメルソウ 花の形がチャルメラに似ているのが由来だそうです

15034504

タチツボスミレ

15034505

カントウタンポポ 総苞が反り返らないのでセイヨウタンポポと区別できます

15034506

藤田

カテゴリー: 四季彩 | コメントする

ハナネコノメとツルネコノメソウ

ネコノメソウは、その結実した姿が猫の目のように見えるという名前の由来があります。奥多摩でも何種類か見ることができますが、その中でも春先の早いうちに咲き始めるのがハナネコノメとツルネコノメソウです。小指の爪よりも小さな花で、花びらに見えるのは4枚の萼片で、花びらはありません。

ハナネコノメ  蕾が開き始めて赤い雄蕊が見えます。

  15030801

ツルネコノメソウ  一部開花しています。

  05030802

(古里駅周辺にて)

藤田

カテゴリー: 四季彩 | コメントする