四季彩」カテゴリーアーカイブ

フタリシズカ

フタリシズカは今の時期、奥多摩山麓ではあちこちで目にすることができるセンリョウ科の花です。 名前は能楽の二人静に由来するそうで、二本の花序は静御前とその亡霊を表しているそうです。 でも、何人いてもフタリシズカなんですね。 … 続きを読む

カテゴリー: 四季彩 | コメントする

もうすぐ紫陽花の季節

梅雨にはまだ少し早いかもしれませんが、山麓では一足はやくコアジサイが咲き始めました。 今の時期、ヤマボウシも満開になっています。 ハナミズキに似ていますが花びらの先端が尖っています。(ハナミスキはへこんでいます。) (青 … 続きを読む

カテゴリー: 四季彩 | コメントする

シロヤシオ

ヤシオツツジ(八汐躑躅)と呼ばれるツツジはアカヤシオ、シロヤシオ、ムラサキヤシオツツジの3種類ありますが、奥多摩ではアカヤシオとシロヤシオが自生しています。今年は残念ながらアカヤシオを見る機会がありませんでしたが、シロヤ … 続きを読む

カテゴリー: 四季彩 | コメントする

奥多摩のイワカガミ

イワカガミと聞くと、私の場合は高山植物のコイワカガミをすぐ連想してしまいますが、奥多摩のような低山でも何箇所か生息しているようです。岩場に咲いて葉が鏡のような光沢を持つのが名前の由来になります。 (鋸尾根にて) 奥多摩に … 続きを読む

カテゴリー: 四季彩 | コメントする

野のスミレ3点

咲いている野のスミレもだいぶ種類が増えてきました。 ヒナスミレ 小さなスミレですが葉は大き目です フイリフモトスミレ ヒナスミレよりさらに小さなスミレです フイリでないものもあります エイザンスミレ 花は普通サイズですが … 続きを読む

カテゴリー: 四季彩 | コメントする

ヤマルリソウ

ヤマルリソウが咲き始めました。ワスレナグサやキュウリグサと同じムラサキ科の花です。奥多摩でも何箇所か群生地があるようですが、限られた場所でしか目にすることができません。   (馬引沢にて) 藤田

カテゴリー: 四季彩 | コメントする

奥多摩のイワウチワ

岩場に咲き、葉がうちわに似ているというのが名前の由来だそうです。 奥多摩では数箇所で見られますが、いずれも人目を避けた急斜面に咲いています。   鳩ノ巣城山にて 藤田

カテゴリー: 四季彩 | コメントする

桜が満開

会社の近くにある鶴巻南公園の桜も満開です。

カテゴリー: 四季彩 | コメントする

カタクリとアズマイチゲ

カタクリは昔は片栗粉の原料として使われていました。平地から標高1000mくらいまで分布しています。青梅市内の群生地ではちょうど今が満開となっていました。   アズマイチゲ カタクリと同じ場所に群生しています 藤田

カテゴリー: 四季彩 | コメントする

御岳渓谷 早春の花

このところ暖かい日が続いてだいぶ春めいてきたようです。 御岳渓谷は一見するとまだ冬枯れの様相ですが、咲いている花の種類が増えてきました。 タネツケバナ 苗代用の種籾を水につけるころに咲くのが由来だそうです アブラチャン  … 続きを読む

カテゴリー: 四季彩 | コメントする